一番返済額が少ないローンを調査!

 

お金が必要になったとき、一番返済額が少ないローンはどこ!? 沢山あるけど、何を選べば得なのかわからない…。
そんな方のために、各社の金利をまとめてみました。
カードローン金利には幅がありますが、金利の適用は信用度と金額によって異なります。50万以下などの少額キャッシングの場合は、最高金利が適用される場合も少なくありません。
出来るだけ金利が少ない物を選びましょう。

 

 

消費者金融の金利一覧

 

 

 

 

  消費者金融 金利 特徴・メリット 審査
プロミス 4.5%〜17.8%

・Eメール登録で30日間無利息
・審査回答が最短30分
・Webで契約可能

即日
アコム 3.0%〜18.0%

・初めての方は30日間金利0円
・3秒でお借入可能か診断
・Webで契約可能

即日
モビット 3.0%〜18.0%

・Webで契約可能

即日

 

銀行系ローンの金利一覧

 

 

 

 

  銀行 金利 特徴・メリット 審査
みずほ銀行カードローン 3.0%〜14.0%

・エグゼクティブプランとコンフォートプランがある
・200万円まで収入証明不要
・Webで契約可能

口座がある場合、最短即日
三井住友銀行カードローン 4% 〜 14.5%

・キャッシュカードで借入可能
・300万円まで収入証明不要
・Webで契約可能
・提携コンビニATMの利用手数料0円

最短即日
楽天銀行 スーパーローン 1.9% 〜 14.5%

・Webで契約可能

即日

 

銀行系と消費者金融はどちらが良い?

銀行系カードローンと消費者金融は、それぞれに一長一短があります。

 

銀行系カードローン
金利が安いが、審査に時間がかかる場合が多い。
口座の開設が必要。

 

消費者金融ローン
金利は銀行系に比べて高いが、審査は最短即日
急ぎでお金を手配する必要がある場合はこちら。

 

金利比較でやりがちなのが、安い金利を基準に検討してしまうことです。取引実績や評価などを含め、金利は高く査定されがちです。
金利を比較する場合は、最低金利で比較するより、最高金利で比較した方が、良い条件で取引が出来る事が多いのです。

 

アコムの3秒診断をやってみました

不安なのは借入の時の審査…。アコムには3秒で借入可能かチェック出来る審査ツールがあります。実際、どの位の設定だったらOKなのか、やってみました。

・35才 独身女性 3件300万の借入状況

ご融資可能と思われます

・60才 独身女性 1件300万の借入状況

ご融資可能と思われます

・60才 独身女性 5件1,000万の借入状況

お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。

・35才 既婚男性 3件600万の借入状況

ご融資可能と思われます

・60才 既婚男性 5件1,000万の借入状況

お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。

 

因みに、※20歳未満もしくは70歳以上のお客さまは、お借入ができません。あらかじめご了承ください。と表示されていました。
返済できる年齢かどうかは大きなポイントとなるようです。

 

カードローン金利の計算方法 少しでも低金利で借り受ける

カードローンを選ぶ時に重要なのは、しっかりと出費計画を立てる事です。
何社かの出費計画を立ててみれば、いかに低金利で借り受けることが大切かわかると思います。
金額が高く、返済に期間がかかるほど、金利は響いて来ます。
しかし、借りた当初はすぐに返済するつもりで借りたから…ということはよくある話ですよね。
いつのまにか借り入れる金額が増えていってしまい、気づいたら始め予定していた返済時期よりも大幅に伸びてしまっていた・・これなら低金利のカードローンを利用すればよかった! なんてことになってしまうのは、あなただけではありません。

 

カードローンの出費計画を立てる時は、1つの決まったローンで計算するのではなく、複数のローンを比べて見ましょう。
短期間で返済可能な場合、何年かかかりそうな時、そして世代単位で伸びてしまった場合、の3パターンくらいを考えてみましょう。
短期間で返済した場合と、長期の返済の差額を考えた時に、金利の差が分かりますのでぜひ一度試してみてくださいね。

 

それでは、当サイトではまずカードローンの金利の計算方法についてご説明致します。
金利計算がうまくできれば、そこからどんなカードローンで借り上げるのが良いかわかると思いますので、一緒に比較してみましょう。

 

カードローンの金利計算方法

金利の計算方法は、以下の計算式に数値を当てはめるだけ。

 

利息額=借入金額×実質年率÷365×借入日数

 

金利と利息の関係

お金を借りた場合、借り入れ金額(元本)だけではなく、「利息」を併せて支払う必要があります。
金利と利息…よく聞く単語ですが、どういったものかきちんと理解されていますか?

 

利息
借り入れたお金に追加で返済する、利用料金のようなもの。

 

金利
借入金額に対して、何パーセントの利息が発生するかを示した数値。

 

金利が高い条件になればなるほど、返済総額は高額になっていきます。

 

例1
30万円を、実質年率18.0%のカードローンで、60日間借りた場合・・・
30万円×0.18÷365×60日=8,876円
利息が8,876円なので、
308,876円が返済総額になります。

 

例2
30万円を、実質年率18.0%のカードローンで、30日間借りた場合・・・
=30万円×0.18÷365×30日=4,438円
利息が4,438円なので、
304,438円が返済総額になります。

 

例1と例2を比べると、利息(+αで支払う分)はちょうど半分ですね。
金額と金利が同じ場合、借りている日数が長いほど金額が高くなります。

 

このように、金利は借りる日数が長くなればなるほど、高額になっていきます。
また借りる金額によっても変わってきますので、とにかくお得に借りたい場合は少しでも早く返済することをオススメします。

 

銀行の金利は、借入金の金額と日数から、こういう金利が適用される、といった内容をオフィシャルサイトなどで確認することができます。
しかし、消費者金融や信販系では、金額や日数でどの金利が適用されるのかサイトなどではわかりません。

 

20万円で適用される金利と、50万円で適用される金利だと、50万円のときのほうが少し低めの金利に設定されていますが、その分20万円の出費時よりも50万円の出費時のほうが返済期間が長くなります。
最終的な返済総額は、金利が高い方が、低金利よりも安いことがありえます。

 

金利は、あくまでも自分の出費プランの中で比較できる要素にすぎません。
計画通りに返済していけるよう、余裕プランをたてることも大切です。

 

無利息サービスについて

金利が低いのは銀行がダントツなのですが、消費者金融には「無利息サービス」というサービスがあります。
スタートのみのサービスなので1回きりにはなりますが、即時借り入れで1か月以内に返済が可能な場合は、銀行の低金利でかりるよりも、消費者金融の無利息サービスを利用したほうが安く済む事があります。

 

キャッシング仕事

回数

プロミス

最初の借入日の翌日から30日間

スタートのみ

アコム

借入日の翌日から30日間

スタートのみ

新生銀行レイク

@借入日の翌日から30日間

A借入日の翌日から180日間

※@かAを選択できます。
金利が違います。

スタートのみ

ジャパンネット銀行

最初の借入日から30日間

スタートのみ

無利息サービスは多くの消費者金融が取り扱っています。
消費者金融特有のサービスで、他のカードローンにはほとんどありません。
無利息サービスとは、1か月などと決められた期間内に借りた金額を全額返済したら利息がかからないという内容です。
友だちや父兄からお金を借りているのと同じように、借入金額をそのまま返済することができるため最もお得です。

 

無利息サービスには色々と規定があり、各店ごとに異なっています。
ただし、ほとんどのところで共通しているのは、1か月以下という面。
約1か月以内であればほとんどが無利息になりますので、短期返済が可能な方はぜひ検討して下さい。

 

金利は変わることがある!

 

カードローンで借入する場合の金利は、契約時の金利がずっと続くわけではありません。定期的な見直しがありますし、下げてもらうための交渉も可能です。

 

金利を下げる再審査

 

カードローンを取り扱う金融機関は、定期的に借入や返済の状況をチェックしています。長い期間返済している、返済に滞りがないなど、プラス要因が多いほど再審査で金利が下がりやすくなります。
一般的には1年以上利用している場合は再審査の対象となるので、自分の収入アップや他社返済の完済など、有利な条件があれば交渉が可能です。

 

返済が滞りがちな場合も、金利を下げられる事がある

 

全く逆のパターンですが、こちらは破産や任意整理などで、借りたお金(元本)の回収が難しくならないようにするための救済措置です。こちらのお金を返すために、また借金をする羽目に…などといった負の連鎖がある場合は、先ずは相談してみるのもいいでしょう。
但し、完済後は限度額が下がったり、カードの使用停止が発生したり(返済は継続します)、以降の審査が通りにくくなったりする要員になる事は覚えておきましょう。